本日 1 人 - 昨日 3 人 - 累計 13937 人 サイトマップ

太極拳鍛練と健康

2013年02月03日
健康のために太極拳鍛練を行っている方々は少なくありません。
それは“太極拳=健康法”と思っているからではないでしょうか。
たしかに現代の研究結果からも、
人体生理の様々な機能における改善が期待できることが証明されるなど、
太極拳鍛練をやれば健康になると確信する傾向はさらに強まることでしょう。

しかしながら“太極拳=健康法“の図式は簡単に成立するわけではありません。
健康状態にあるという結果に至るまで鍛練を工夫することが大事です。

鍛練を工夫すること、その内容とは、いったいどういうものなのでしょうか。

工夫その一…「太極拳鍛練に対する理解」
太極拳及び太極拳鍛練とは、中国の伝統文化であり、
伝統的な考え方と経験によるいわば結晶のようなものです。
つまり中国の伝統文化を勉強することは
太極拳及び太極拳鍛練を理解していくことでもあるのです。

例えば、「人体構造」、「生命運動」などの基本的な理論などです。

工夫その二…「健康についての認識」
現代人がもっている健康についての概念は
病院からの健康診断のデータに基づいている場合が
ほとんどだろうと思います。
しかし、今までの各種検査データというのは
臓腑器官、含有成分、生理活動などの個々の生理病理状態を反映する数字であって、
ひとつの生命状態の全般を反映するデータではありません。

当塾が提唱する健康という概念は
「延年益寿不老春」という生命状態です。
延年益寿:長寿、長生きという意味です。
不  老:老化をしない。現実的には老化の進行を減速することです。
春:春のように生き生きとして元気いっぱいにある状態のことです。

工夫その三…「長期的日課的に『実践躬行』」
太極拳鍛練とは
生きているうちはたえず実践することをこころがけ、
怠慢してはいけないのだと思います。
健康作りと健康管理は日々積み重ねていくもの
ということでしょう。

動作を覚えた。套路が完了した。演習がきれいにできた等々
そういうことよりも
いかに自分の体調を整えられるかということの方が
健康養生を目的とする太極拳鍛練の課題となるのではないでしょうか。


『太極拳養生塾』の名前について

2013年02月01日
『太極拳養生』は

古代にもあった名前ではありません。

この言い方がいつから形成してきたのも

正確に謂えません。


当塾がこの名前を使用する考えのは

太極拳鍛練の色んな応用目的の中に

養生を目的とすることを強調したいです。

そして、養生を目的する太極拳の鍛練方法と

その鍛練法を支える養生思想、理論を

本格的に紹介、伝授したいことです。


太極拳鍛練法は

健康を志向する皆さんにお役を立てれば

幸いと思っています。