本日 6 人 - 昨日 11 人 - 累計 20366 人
太極拳養生の鍛錬は
「三調」という内容を通じて心身を鍛えます。

「三調」とは、調心・調息・調身の略称です。
ココロ・気息・カラダ、この三つの方面を整える(調える)方法と技術が、
中国の伝統医療健康法である「導引 ドウイン」の基本要素となります。

しかし、太極拳養生鍛錬の三調の内容は
他の伝統な導引法とは違い、独特ともいえる鍛錬の重要点があります。

まず、太極拳養生の調心鍛錬では
主に心理活動と情緒変動の整えを行います。
鍛錬中は三調の中でのリーダー役としての内容を行い
ココロを「平静状態」に整えていきます。

つぎに太極拳養生の調息鍛錬は、
主に呼吸と気力の整えを行います。
鍛錬中は監察役としての内容を行い
気息を穏やかに整えていきます。

さらに太極拳養生の調身鍛錬は、
主に動作の姿態と動きの流れに関わる整えを行います。
鍛錬中は身体を建物の基本構造のように見立てイメージして行い
身体の運動機能を丁寧に整えていきます。

このように太極拳養生の鍛錬は
ココロ・気息・カラダの三調を
相互に協調し合って長寿健康に整えます。